ブランヴィリエ侯爵夫人

Marquise_de_Brinvilliers

出生 フランス
生誕 1630年7月22日
身分 侯爵夫人

結婚とゴーダンとの出会い

 ブランヴィリエ夫人は幼名をマリー・マドレーヌ・ドーブレといい、パリ良家の司法官の娘として生まれました。彼女は若いうちから美貌と才気を謳われていましたが、宗教的なことに関心を持たず、浮気症で、熱中すると歯止めがきかなくなる性質でした。
 21歳の時にアントワーヌ・ゴブラン・ド・ブランヴィリエ侯爵という陸軍の士官と結婚しましたが、侯爵は賭け事が好きな浪費家で、結婚も妻の持参金が目当てのものでした。当初こそ子供が生まれるまではおとなしくしていた侯爵でしたが、やがて外で愛人を作り、賭け事にも一層溺れるようになります。この侯爵には賭け事や女遊びでの交友相手がたくさんおり、毎日複数の友人を自宅に連れてくるようにもなりました。その中の一人にゴーダン・ド・サント・クロワという騎兵士官がおり、彼はもともと侯爵と男色の関係にあった人物でした。この男との出会いがブランヴィリエ夫人の運命を大きく変えることになります。

父親殺し

 ゴーダンは両刀使いであり、相手は男女どちらでもかまわない人物でした。ゴーダンは侯爵がほったらかしにしている夫人が暇を持て余してるのを見るとすぐさま迫り、二人でおおっぴらに社交界や劇場へと繰り出すようになると、やがて二人の関係は世間の噂となります。侯爵は自分の情事と金にしか興味がなかったので気にも留めませんでしたが、その噂を聞きつけた彼女の父親は激怒。司法官という自分の権限を利用して、ルイ14世直々の署名が入った勅命拘引状を取ると、娘の愛人となったゴーダンをバスチーユの牢獄に6週間収監しました。

 ゴーダンはこの獄中でエグジリという奇怪なイタリア人薬剤師と知り合います。このエグジリはもともとスウェーデンのクリスティナ女王に仕えていた薬剤師で、法王イノセント十世のときに150人以上の人間を毒殺したという札付きの男で、この時も毒殺の嫌疑を受けていたところでした。
 ゴーダンはエグジリの熱心な弟子となり、出獄後もエグジリを自宅に招いて毒物の調合について学んでいきました。復讐心の強いゴーダンは、自身を獄へと閉じ込めたブランヴィリエ夫人の父親を殺そうと画策していたのです。ゴーダンにすっかり惚れ込んでいたブランヴィリエ夫人も愛人に対する父親のこの仕打ちを恨みに思い、父親を殺して遺産を手に入れたいと思うようになっていきました。
 当時のフランスで一番一般的な毒薬は「遺産相続の薬」とも呼ばれたヒ素でした。師であるエグジリをも凌ぐほどに毒薬調合の腕を上げたゴーダンはいよいよ「遺産相続の薬」を使い二人の計画を実行に移そうとしますが、まずは実験をして実際に事が上手く行くか試すことにしました。
 ブランヴィリエ夫人がパリの慈善病院にお菓子や果物を持って行き、貧しい患者にそれを分け与えます。彼女のその行為を患者たちは天使のように迎え入れ、それが社交界でも評判となると、父親も心の入れ替わりようにたいそう喜びました。慈善病院では彼女が通いだしてから急激に死者が増えるようになりましたが、病院側としては患者の数が減ることはありがたく、貧しいものが多少疑いのある状況で死んだところで誰かが殺すメリットもないため、気に留めることはありませんでした。彼女は見舞った患者が死んだと聞くと病院の安置室へと向かい、祈りを捧げるふりをしながら死体に現れた毒薬の効果を観察しました。その効果を確かめると自分の家の小間使いにも毒薬入りのシロップを飲ませ、廃人同然の身になったその経過を見て、さらに自信を深めていきました。

 こうしていくつかの実験結果を見て、いよいよ狙いは父親へと向かいます。ブランヴィリエ夫人は里帰りと称して家へと帰ると、父親にさっそく一服盛りました。父親が早速体調を崩すと、ブランヴィリエ夫人はつきっきりで献身的に看病しているように見せかけ、父親に微量の毒を盛り続けていました。そして8ヶ月後に計画通り父親が死亡します。

習慣的毒殺

 うるさい父親がいなくなると彼女の生活はさらにひどくなり、男をとっかえひっかえするようになります。中でも侯爵の従弟であるナダイヤック侯爵とは、不義の子を産んでしまうほどでした。それでも変わらずゴーダンとの関係も続いており、彼とも二人の子供が産まれています。放蕩に遊ぶ夫人に加え、相変わらず好き放題する侯爵では財産がいくらあっても足らず、再びゴーダンの手を借りて次は弟たちを殺害し遺産を独り占めしようと計画をします。
 今度はゴーダンの助手であるラ・ショッセが実行犯となり二人の弟に毒を盛りました。相次ぐ身内の死によって、下の弟を殺した際に毒殺の嫌疑がブランヴィリエ夫人にかかりましたが、夫人はなんとか追求をまぬがれました。

 嫌疑がかかったことに用心したブランヴィリエ夫人でしたが、しばらく毒殺をしないと物足りないようになり、自分の中で一番器量の悪い娘に毒入りのプリンを与えることにしました。ですがさすがに自分の娘が苦しみだすと後悔し、解毒剤を与えてなんとか命を助けました。そうすると毒薬と解毒剤を交互に使うことが面白いものとなり、殺す相手がいないと娘に毒と解毒剤を交互に与えて楽しんだといいます。
 そして毒殺常習者と化したブランヴィリエ夫人は、次に自分の妹と義理の妹も殺害します。彼女にとっていつしか毒殺は性的興奮がともなうようになり、やめられない誘惑があるものになったといいます。ゴーダンやラ・ショッセはこうした殺人をネタに、ブランヴィリエ夫人をゆするようになります。彼女は遺産から金銭を支払いましたが、それは口封じだけでなく毒薬が欲しい時に使えないと困るからという側面もありました。

 やがて夫人はゴーダンと侯爵の男色関係が切れない嫉妬から、侯爵を殺害しゴーダンと結婚することを決意します。しかしゴーダンは結婚する気などさらさらなかったため、その計画に気づくと夫人にばれないようにすぐさま侯爵に解毒薬を服用させました。侯爵はなんとか一命をとりとめましたが、重い後遺症が残りほそぼそと生きているだけの状態となりました。

ゴーダンの死と告白録

 侯爵の命を助けたのがゴーダンだと知ると、次第に二人の間には険悪な雰囲気が漂うようになります。愛人同士、相手を殺さなければ自分がいつか毒殺される、そんな状況となります。ところがそんな折、ゴーダンはポックリと病死してしまいました。

 ゴーダンに相続人はおらず、彼の家や財産は警察の配慮で封印されました。そのとき、妙な小箱も一緒に警察に押収されました。その小箱にはゴーダンの筆跡で、この箱をブランヴィリエ夫人に渡してほしい旨、箱のものは彼女のものなので彼女のみの所有に帰するべきものである旨が、手紙として添えられていました。警察はこの小箱を開けるか開けまいか相当迷いましたが、最終的には長官の命令で中をあらためることとなりました。するとそこにはブランヴィリエ夫人からゴーダンに宛てた36通の恋文とヒ素、水銀、アンチモン、アヘンなどの劇薬が多量に入っていました。
 ブランヴィリエ夫人は嫌疑を受けていることを知るとパリからロンドンへと逃亡し、すべて知らないことだと友人に手紙で訴えます。しかしそうこうしてるうちにゴーダンの助手であったラ・ショッセが捕まり足かせの拷問に処せられ、すべてを洗いざらい吐くと、車裂きの刑に処せられて死亡しました。ロンドンにいたブランヴィリエ夫人は欠席裁判にかけられると斬首を宣告され、イギリス政府から追放令を発されるとオランダ、ピカルディ、ヴァレンシエンヌ、と転々と逃げまわり、最後にリエージュの修道院に身をひそめていたところを、フランス警察の罠にかかってついに逮捕されパリへと護送されました。

 その時の彼女の持ち物の中には、後に有名になる「告白録」もありました。これには彼女の生涯が克明に記されていました。少女時代の近親相姦から始まり、堕胎、鶏姦、口淫などの性体験などが記されていました。これはカトリックが支配していた当時の倫理観からすると、どれも死罪となるべき極悪な罪でした。数々の毒薬による殺人も、この告白録には書かれていました。なぜわざわざ証拠となる文章を残したのか。それについて参考文献とした澁澤龍彦の著には、史上に名高い毒殺魔が必ずと言っていいほど何らかの形で書いたり喋ったりと形に残しており、特に女性の毒殺嗜好者には告白の衝動がつきものだと指摘しています。

水拷問そして最期

 捕まったブランヴィリエ夫人は獄吏を誘惑して逃走を図ったり、ガラスの破片やピンを飲み下したり、肛門に棒を突き刺したりして自殺を試みたりしました。しかし裁判となると貴婦人らしい尊大さを失わず、常時判事席に向かって昂然として顔を上げ続けて涙ひとつこぼすことはなかったといいます。彼女を改悛させようと元愛人だった男が13時間にもわたって説得をしましたが、結局は匙を投げました。
 最後に法廷は水拷問に処することを決めます。その水拷問とは台の上に全裸で寝かせると口に漏斗を入れ、文字通り息もつかせずひたすら水を流し込むというもので、これにはさすがのブランヴィリエ夫人も一切を告白しました。
 告白のあとブランヴィリエ夫人は親殺し用の護送車に乗せられ、ノートルダム寺院で懺悔することとなりました。火のついたロウソクを持った裸足のブランヴィリエ夫人の懺悔を見物するために、多くの群衆が集まったといいます。そして次の日、広場にて罵声を浴びながら首を落とされました。最後の最後にやっと心から悔悟した彼女のその死に様は毅然としたもので、同じ毒薬事件で名を馳せたラ・ヴォワザンとは対照的なものだったといいます。

 彼女の処刑後、死体は火の中へと投げ入れられ灰となりました。その火がくすぶるころには人々は争うように骨を拾い、その骨は魔除けのお守りとして高値で売られたといいます。


参考文献
澁澤龍彦/『世界悪女物語』/文藝春秋
森下賢一/『国を傾けた女たちの手くだ』/白水社
桐生操/『世界悪女大全』/文藝春秋
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加